1.就職・転職する前に知っておくこと

01bef21dc99c40ad2844cd037b66c8e48e5ea0abc6 (2)

当校(湘南国際アカデミー)や当サイトでも職業紹介のサポートをさせていただいているので、沢山の方達から就労・転職のご相談を受けております。

未経験・無資格の方から、初任者研修を取り立ての方、介護福祉士やケアマネージャーの資格をお持ちの方さまざまな職種でご案内をさせていただいております。

ただし、転職をするにも転職をしていい時と、転職すべきでない時があります。その判断を見誤るとご自身の経歴に傷をつけるどころか将来のキャリア形成にも大きく響いてきてしまいます。ここでは皆さんにできるだけ良い将来を作り上げていただけるように、幾つか情報をお伝えさせていただきたいと思います。

人それぞれご自分の求めている将来やキャリア形成は異なりますので、あくまで参考にしていただき皆さんの今後のキャリア形成にお役立ていただければ何よりもの幸いでございます。

2.介護の業界でも、石の上にも3年です。

016882be19e04bb4820cf481c923aba4da277ae9fb

「が~ん」 と思われている方や、小うるさいことにしか聞こえない方もいらっしゃるかもしれませんが、転職をする際に気を付けていただきたい最初のポイントは、今までの職場の勤務期間です。

その一つの指標として、同一の事業所で3年以上勤務することはとても大事なことです。もちろん3年以上勤務出来たほうが尚更良いと思います。3年間という期間はあくまでも最小の期間と捉えていただいたほうが良いです。

転職が自分のモチベーションに欠かせない等の理由があったとしても、毎年のように転職するのはおすすめしません。例えばお給与面で例えてみると、介護福祉士資格を持っていても毎年のように転職をしている方と、未経験・無資格の方とのお給与の差は資格手当の額くらいしか変わりがないというのが現状です。

最近ではあまりに人材不足でどうしても加算を取るためや、人材不足を補うためにお給与を高めにする企業様もいらっしゃいますが、逆にあまりにも人材が足りなさすぎる職場に就労してしまうと、これこそまた早期退職につながる要因になり兼ねないですよね。

中には、「毎年仕事を変えていると社会的な信頼が得られないので待遇も良くならない。」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

それだけではない理由もあります。

例えば、1年ずつ職場を変えて経験年数が3年ある方と、3年間同じ職場で勤務している方で比較してみましょう。

1年ずつ職場を変える方は、合計3年で3か所の職場経験があっても、その人に与えられている仕事は3か所のどの職場においても、よっぽど実力等がない限り入社後1年未満の職員に任される仕事をすることになるのが一般的です。

また2か所目の職場で2年目といっても、その職場では新人と同じようなものです。介護の現場にいらっしゃる方であればよくご理解いただけると思いますが、100人の利用者様がいれば100通り以上の支援方法があるといっても過言ではありません。100人の利用者様の情報を全て把握しなかったとしても、4分の1の25名の利用者様の状態に適した支援を行えるようになるために皆さんならどのくらいの時間を要すると思いますか?

答えは、人それぞれかもしれませんがこのように考えても良いのではないでしょうか?。

例えば新人の方が4月に入社して、2週間から1ヶ月くらい右往左往しながら先輩方に教わって少しずつ慣れてきてあっという間に2カ月、少し慣れてきたかなと思ったら梅雨の季節になり、利用者様の中には気圧や気候の変化で調子を崩す方も出てきます。

そんなこんなをしている間に夏が来て暑さとの戦いが始まり水分補給や脱水症状などの対策を講じていきます。その間納涼祭など様々なイベントなども行いながらやっと暑い季節を乗り越えたかと思えば、あっという間に落ち葉の季節になります。

どんどん気温も寒くなりインフルエンザ等の対策も始まっていきます。年末年始にむけてクリスマスイベントや年始のお餅つきやお正月の準備。気温も1年で1番寒い時期になり利用者様の体調管理を一層気を付けていくシーズンです。

気が付けばあと少しで入社してから1年です。

最初の1年目は皆さんもご経験されたように、あっという間に時が過ぎたという感覚の方も多いのではないでしょうか?

でもこの1年目があったからこその2年目ですよね?

1年を通して利用者様の支援をすることで、いろんな情報を得ることができ今後の支援方法の在り方も改善されていくでしょう。

2年目を迎える職員さんの中には、「そういえば○○さんは昨年の夏に水分をあまり摂られていなかったから今年はこんな工夫をしてみよう」とか、「1年目は先輩にとてもお世話になったので2年目からは自分も教育担当の先輩のお手伝いをしていろんなことを学ぼう」などといろんな成長に少しづつ繋げていきます。

3年間やれば何でもできるというわけではありませんが、早ければ2年目で何かしらのリーダーに就く人もいますし、場合によっては3年目には新人の入社研修などを担当する方もいらっしゃいます。

これに対して、頻繁に職場を変えてしまうと良くも悪くも1回リセットされてしまいます。新たな職場に行けば、ほとんどのことをまた一から始めることになります。

毎年職場を変えている方と、一つのところで3年以上仕事をする方とでは同じ3年でも中身が大きく変わってくると見なされます。

でも安心してください、転職回数が多い方でもまだ間に合います。詳しくはこのページの終盤でお伝えします。

利用者様や一緒に働く仲間、職場を大切に

利用者様からは、覚えてもらっても辞めてしまえばがっかりされる方もいらっしゃいますし、担当してくれる職員が変わることで環境が変化して体調を崩してしまう方も出てくるかもしれないです。

職場側は、また人材を確保するため広告費等の出費が増えますし職員が辞めるというのは、上記のように利用者様に負担になるだけでなく職場環境や他の職員にもいろんな影響を与えます。

短期間での転職が重なればご自身の経歴にも傷がつき、最初は人材不足ということから難なく転職できても、いずれはと務められる職場は先細りになっていく場合も多々ございます。因みに介護福祉士の国家試験を受験する際に実務経験の証明書が必要になりますが、当然のごとく1か所で勤務してきた方ならば、その事業所様から証明書をもらえば済みますが、仮に5か所の職場を勤務してきた場合は最大で5か所から証明書をもらう必要があります。かなり時間と労力がかかりますね。

とは言っても最近ではブラック企業といういろんな職場がございますので、どんなに無理してでも3年間続ける必要はありませんが、よっぽどのことがない限り職場を転々と変わっていくのはお勧めしません。

だからこそ、最初の入口の職場探しは入念にしていただくことをお勧めします。

求人広告だけで決めるとか、ハローワークに掲載されていたので決めたというような方法だけでなく、「友人が数年間務めている施設で評判も良く今回はたまたま募集をしていた」とか、「自分が資格を取得した学校の卒業生が多数就労しており、離職率も低く学校の就労支援担当者が紹介してくれる」等の方法で探されるのが、ミスマッチを防ぐうえでもとても重要になります。

では、いつが転職のチャンス?

01478c565230c4ccc6c910f405adf1ce60e038540c

介護業界の転職のチャンスは幾つかありますが、分かりやすい時期で申しますとやはり介護福祉士国家試験を取得した後です。

介護福祉士国家試験の筆記試験の結果通知は2月中旬です。実技試験を受けない人であればこの時点で合格・不合格がわかることになりますので、厳密にいうと実技試験を受けない方は筆記試験の結果通知次第になります。最近では国家試験の解答速報が普及しているため、調べようと思えばほとんどの方は筆記試験終了後に大体の予測はつくはずです。

3月末に介護福祉士国家試験の合格発表が行われてから転職を希望する方も沢山いらっしゃいますが、そうすると若干転職には遅いと思ったほうが良いでしょう。

なぜなら、文字通り3月末以降は新たな介護福祉士が全国で誕生するので、採用する企業側は面接の際に他の時期に比べて求職者を選ぶ傾向があります。

また3月末で仕事を辞めて4月から新たな職場で勤務するという求職者も増えるため競争率が高くなります。

これらのことを踏まえて、また職業紹介担当として今までの経験から考えてみますと、上記のタイミングで転職をするのに良い時期は、実技試験が免除の方であれば、1月の筆記試験を受けて答え合わせをしてほぼ合格であれば、その時点で当校のように就労支援・職業紹介を行っている専門機関にて相談をし、カウンセリングを受ける中でおおよその方向性を決めながら就労したい企業をいくつか目星をつけておき、2月の筆記試験結果通知でほぼ合格が確定した段階で、専門機関と就労希望先に面接依頼などを進めていき3月もしくは4月からの入社内定を早い時期に取れるようにします。

そうすることで競争率の高い時期になる前に希望就労先の内定を取れるようにします。

本当に転職する必要があるのかも確認する必要があります。

転職のタイミングをチャンスと捉えるか否かは、それぞれの考え方にもよると思いますが、もし本当に転職をするのであれば転職する目的が明確になっておく必要はありますね。

「今の職場での仕事内容に物足りなさを感じる」とか、「考え方が違う」、「人間関係に問題を感じる」などのギャップを感じてしまうような時に転職を考える方が多々いらっしゃいますが、そんな時は転職の前に一度は誰かに相談してみるべきです。

友人や自分の家族、自分のことを本当に大事に思ってくれる人に相談すると、話を聞いてもらえるだけで意外とすっきりすることもありますし、もしかしたらヒントも得られるかもしれません。

私の場合は父の介護をしながら訪問系のサービスをしていましたが、職場の人には父の相談をし、父には職場の悩みを話すこともありました(笑)

今思うと家族にも職場の仲間や先輩には非常に助けられたなと感じています。

悩みを解消できたなら、無理して転職する必要もないと思います。

意外かもしれませんが、当サイトを運営する湘南国際アカデミーに転職相談をしにいらっしゃる方で、本当に転職をする方の割合は時期にもよりますが、相談者のおよそ半分くらいです。私たち就労支援担当者やキャリアカウンセラーとお話ししているうちに、現職での悩みや問題解決の糸口、今後の目標や転職する際のメリットやデメリットが見えてきたりすることで、転職を考え直す方もいらっしゃるからです。

確かに今は、人材不足ですから多少の転職回数があっても資格さえあればほとんどの企業が採用をしてくれるでしょう。

ですが、介護業界は思いのほか世界が狭いのです。

特に同じ地域であれば、ほとんどの介護職員はケアマネージャーさんや地域包括、いろんな関係の中で素性もわかってしまうでしょう。場合によっては「あの人は以前Aさんの事業所にいたけど、いつの間にだれだれさんの事業所に転職したみたいよ」というような情報は日常茶飯事です。なにかトラブルでも起こして辞めたならば、悪い評判が立ってしまう可能性もあったりします。

何度も言いますが、よっぽどの理由や目的がない限り転職回数はなるべく少なくしておいたほうが良いです。

でも安心してください、転職回数が多い方でもまだ間に合います。詳しくはこのページの終盤でお伝えします。

ただし、悩みがあったりしたならば出来るだけお早めに相談してみてください。

自分を見つめなおす気かにもなりますし、湘南国際アカデミーだからこそご案内できる特別求人も多数ご紹介できます♪

01b929c1d06a3d1ad1ee1bb0dfac3974e831cdd033

当サイトを運営する湘南国際アカデミーでは、介護・医療・福祉に特化した選任のキャリアカウンセラーが常駐し無料でキャリアカウンセリングも受けられます。

たまにはアニマルセラピー犬と触れ合って癒されてみるのも、良いと思いますよ♪

※アニマルセラピー犬はデイサービスなどに出張に出ているため、出勤していない日もございます。ご入用の際には事前に電話にてご確認ください。

湘南国際アカデミー就労支援雇用促進部 TEL:0120-961-190

転職するだけで解決できることなんて意外と少なかったりします。

大事なことはむしろ転職しなくても済むように、悩みや問題を解決して自分が成長し、今以上に利用者様に良い支援を行えるようになり、自分を採用している会社からも信頼を得て、待遇なども改善されたりしていくことです。

このような良いサイクルになってくると、仕事へのやりがいも増し精神的にも健康的にも、また経済的にも少しずつ安定していくので、また次へのステップにもつながっていくことでしょう。

もう既に転職回数が多数あるからといって、もう駄目だということではありません。

もし既に自分でも自分の転職回数が多いと感じている方は、今からでも全く遅くありませんから、どこかのタイミングで同じ事業所にて3年以上の勤務を持続してみてください。

気持ちと多少の努力は必要ですが、人生やり直しはいくらでも出来ます。実際に今までも転職回数の多い方の就労サポートを成功してきていますから。

しかも喜ぶことではございませんが、介護業界はまだまだ人手不足が続きます。

中国経済の低迷や外的要因で、もっと時期が早まる可能性もありますが、きっとオリンピックの前後くらいまでは、この人材不足は続くといわれています。そう考えると、まだ余裕で3年以上はありますよね。今が頑張りどころです! そうです、今がチャンスです! もしかしたらランスとチャンスかもしれません。

なぜならば、オリンピック景気や現在の景気回復が終わりを告げた時に、リーマンショックまでいかなくても景気が悪くなり、他業種から人材が介護業界に入りやすくなってきた時には、今のように介護事業所は誰でも採用するというスタンスを変えてくるでしょう。

そうこうしているうちに、介護業界のピーク時ともいえる2025年まであっという間に時が過ぎていきます。

これから、定年退職を迎える方々もいらっしゃいますが、出来ることならば介護業界が一番ピークを迎える2025年の時点で、それなりのポジションに就いていることが出来ていれば様々なチャンスをつかめると思います。

転職の多い方は、本当に運悪く自分に合わない職場に就職してしまうというケースもありますし、複雑な事情があったり他にも何かしらの理由があったりする場合もあります。

一度、カウンセリングを受けてみて、本当に今の職場が自分に合っているのかを客観的な視点で分析するのも大事ですし、中には心機一転職場を変えたら3年どころか、ずっと続けていますという方もいらっしゃいます。

まずは、お気軽にご相談ください♪

湘南国際アカデミー就労支援雇用促進部  TEL:0120-961-190 

01f136b547e0dd0f9c36be21f1ca81d0333d4a506d

微力ではありますが、いつも陰ながら応援しています。