介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【81】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【81】

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『発達と老化の理解』

問題81         認知症(dementia)の原因となる疾患の特徴として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)では、早期から尿失禁が認められる。

2     アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)では、巣症状は見られない。

3     レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies)では、人格が大きく変化する。

4     レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies)では、運動機能障害は見られない。

5     クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease)では、進行が速く、1年以内の死亡例も多い。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・5

★解説

1     アルツハイマー型認知症は、比較的穏やかに進行する。尿失禁が見られるのは、かなり進行してからである。

2     巣症状とは、脳の限局した一部の破壊によって現れる症状のことである。血管性認知症はもちろん、アルツハイマー型認知症でも失語、失行、失認などとしてみられることがある。

3     レビー小体型認知症において、人格が大きく変化することは特徴とは言えない。前頭側頭型認知症においては特徴的である。

4     レビー小体型認知症の特徴として、パーキンソン様症状がある。したがって、運動機能障害が伴うことがある。

5     クロイツフェルト・ヤコブ病は、神経難病のひとつで、精神症状、認知症、運動失調などが見られます。急速に進行し、発症から1~2年で死亡する。

コメントを残す