介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【79】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【79】

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『発達と老化の理解』

問題79         Cさん(89歳、女性)は、アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)で、1年前から料理の手順を間違えたり、家計の管理や買物が難しい状態であった。1か月前から大声をあげるようになった。季節にあった衣類を選べなくなったが、家族が準備すれば適切に着ることはできる。排泄(はいせつ)は自立している。

Cさんのアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)のFunctional Assessment Staging(FAST)の分類として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     年齢相応

2     境界状態

3     軽度

4     中等度

5     やや高度
解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・4

★解説

Functional Assessment Staging(FAST)とは、日常生活の様子を観察し、アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)の病期を判定する評価基準であり、以下のようになっている。

ステージ 主な特徴
1 正常 主観的および客観的機能低下は認められない。
2 非常に軽度の認知機能の低下

(年齢相応)

ものの置き忘れを訴える。喚語(言いたいことを思い出すこと)困難。
3 軽度の認知機能低下

(境界状態)

他人が見て、仕事の効率低下がわかる。日常生活における機能低下は顕在化しない。
4 中等度の認知機能低下 社会生活・対人関係で支障をきたす。計画や段取りを組めない。時間の見当識障害がある。物盗られ妄想が出現する。決まったところ以外は電話ができない。 など
5 やや高度の認知機能低下 日常生活でも介助が必要となる。季節にあった服を選ぶことができない。場所の見当識障害がある。
6 高度の認知機能低下 着衣失行があり、介助が必要となる。人物の見当識障害。徘徊。
7 非常に高度の認知機能低下 日常生活でも常に介助が必要となる。同居家族もわからない。簡単な指示も理解できない。

 

コメントを残す