介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【76】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【76】

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『発達と老化の理解』

問題76         在宅医療に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1     主治医は、地域医療支援病院の医師でなければならない。

2     保健所は、在宅医療を受ける患者の支援を行わない。

3     在宅での静脈注射は、医師でなければできない。

4     在宅での悪性腫瘍患者に対する緩和ケアは、保険診療の対象外である。

5     在宅療養支援診療所は、24時間往診が可能な体制を確保しなければならない。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・5

★解説

在宅療養支援診療所とは、「地域において在宅医療を支える24時間の窓口として、他の病院、診療所等との連携を図りつつ、24時間往診、訪問看護等を提供する診療所」であり、主に以下の施設基準が設けられている。

① 診療所

② 24時間連絡を受ける体制を確保している

③ 24時間往診可能である

④ 24時間訪問看護が可能である

⑤ 緊急時に入院できる病床を確保している

⑥ 連携する保険医療機関、訪問看護ステーションに適切に患者の情報を提供している

⑦ 年に1回、看取りの数を報告している

 

コメントを残す