介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【75】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【75】

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『発達と老化の理解』

問題75         変形性(へんけいせい)膝(しつ)関節症(かんせつしょう)(knee osteoarthritis)と診断された高齢者への介護福祉職の助言として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     膝を冷やす。

2     正座をする。

3     杖(つえ)を使う。

4     体重を増やす。

5     階段の昇り降りの運動をする。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・3

★解説

1     変形性膝関節症は、膝の関節軟骨がすり減ったり、変形したりすることで起きる。温めることで、筋肉や関節が柔らかくなり、痛みが一時的に収まることがある。

2     正座は膝を大きく屈曲させるために負担が大きく、また、座る際に痛みを伴うため、なるべく避けた方がよいと言われている。

3     膝への負担が少なくなるため、杖を使うことは適切であると言えるが、やみくもに使うのではなく、医療関係者やリハビリテーションの専門職などと相談して、適切な使用を勧めるべきである。

4     体重はなるべく減らさないと、膝への負担が大きくなってしまう。

5     階段では、平地よりも膝への負担が大きくなるので、痛みを伴う。

コメントを残す