介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【73】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【73】

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『発達と老化の理解』

問題73         めまいや立ちくらみが時々ある高齢者への介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     勢いをつけて立ち上がることを勧める。

2     首を左右に振る体操をすることを勧める。

3     降圧薬の服用を勧める。

4     抗不安薬の服用を勧める。

5     転んでもけがをしないように部屋を片づけることを勧める。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・5

★解説

1     勢いをつけて立ち上がると、めまいや立ちくらみがあった際に、勢いよく転倒してしまうので危険である。

2     首を左右に振ると、めまいや立ちくらみを引き起こす可能性が高くなってしまう。

3     めまいや立ちくらみの原因が分からない時点で、むやみに服薬を勧めるべきではない。

4     設問3に同じ。

5     めまいや立ちくらみにより転倒しても、リスクを最小限に抑えるような配慮が大切である。

コメントを残す