介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【72】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【72】

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『発達と老化の理解』

問題72         加齢の影響を強く受ける記憶として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     人の生活のなかで生じる出来事や体験に関する記憶

2     学習や経験などによって獲得された知識の記憶

3     スポーツなど、自分の体で覚える記憶

4     過去の社会的事件など、自分の体験とは直接関わらない記憶

5     人の顔や風景など、自覚せずに残されている記憶

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・1

★解説

1     特に最近の出来事や体験に関する記憶は忘れやすい傾向にある。

2     学習や経験などによって獲得されたものは、生活のなかで活用されることが多く、結晶性知能として加齢の影響はあまり受けることがない。

3     自分の体で覚えた記憶は、手続き記憶として加齢の影響を受けることが少ない。

4     自分の体験とは直接関わらない記憶は、覚える必要が少ないため、加齢の影響を受けるというよりも、年齢によらずに忘れてしまうことが多い。

5     自覚されずに残されている記憶は、感覚記憶と言われ、一瞬で消えてしまうので、加齢の影響受けることはない。

コメントを残す