介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【71】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【71】

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『発達と老化の理解』

問題71         Aさん(70歳、男性)は、65歳で定年退職した後、学生時代の旧友のほか、地域のボランティアサークルで知り合った新しい仲間と親交を深めてきた。しかし、サークルでトラブルが起きるようになって、1、2年前からはサークルへの参加が徐々に減り、安心できる旧友とばかり頻繁につきあうようになった。Aさん自身はこの生活に満足している。

Aさんの生活への適応状況を説明する理論として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     活動理論

2     離脱理論

3     社会情動的選択理論

4     愛着理論

5     心の理論
解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・3

★解説

1     活動理論とは、高齢期になり社会への参画の機会が減少してくる分を、趣味活動やボランティアなどを通じて、活動量を増やすことで充足させようとする理論である。Aさんの場合、サークルへの参加が徐々に減り、安心できる旧友とばかり頻繁につきあうようになってきているということから、この理論は該当しない。

2     離脱理論とは、社会への参画の機会が減少してくるのは、高齢期では当然のことと受け入れ、無理して新たな活動などをする必要はないと考える理論である。Aさんの場合は、サークルでのトラブルが原因で、参加が徐々に減ってきているので、この理論は該当しない。

3     社会情動的選択理論とは、高齢期においては、自分の社会的なつながりのある人のうち、自分の情動的な満足が得られるような人を大切にするようになるという理論である。Aさんの場合、安心できる旧友とばかり頻繁につきあうようになっており、Aさん自身もそのことに満足していることから、この理論に該当すると言える。

4     愛着理論とは、主に乳幼児期に養育者と形成される母子関係のような、情緒的な結びつきのことを言う。Aさんの場合には該当しない。

5     高齢期では取り巻く環境に変化が生じてくることから、その状況に適応するために、何らかの心理的な適応を要することは当然のことであるが、Aさんの適応状況を説明する理論としては適切ではない。

コメントを残す