介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【70】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【70】

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『発達と老化の理解』

問題70         加齢に伴う筋肉の変化に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     70歳代までは、筋肉量は維持される。

2     タンパク質をとることは、筋肉量の維持に有効である。

3     高齢期になってからの運動は、筋肉量の増加には無効である。

4     筋肉量の減少の主要な原因は、悪性腫瘍(malignant tumor)の合併である。

5     筋肉量の減少は、下肢よりも上肢の方が顕著である。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・2

★解説

1     筋肉を構成する筋繊維数の減少と、筋繊維そのものが萎縮してしまう傾向があるため筋肉量は低下する。

2     タンパク質は筋肉に必須の栄養素である。ただし、それだけ摂取すればよいものではない。

3     高齢期になっても、定期的な運動や適度な負荷は、筋肉量の維持や増加に有効である。

4     加齢に伴って、社会活動が減少したり、傷病により寝込んだりすることにより、筋萎縮を進行させてしまうことがある。悪性腫瘍は主要な原因ではない。

5     上肢よりも下肢の方が顕著である。下肢の方が10~15%ほど、筋力の低下率が高いとされる。

コメントを残す