介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【69】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【69】

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『発達と老化の理解』

問題69         エリクソン(Erikson,E.)の発達段階説に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     誕生から1歳頃までは、自分の行動のコントロールを身につける段階である。

2     3歳頃から6歳頃までは、自発的行動を通して主体性の感覚を学ぶ段階である。

3     12歳頃から20歳頃までは、勤勉性を身につける段階である。

4     20歳頃から30歳頃までは、心身共に自分らしさを身につける段階である。

5     30歳頃から60歳頃までは、社会全体や他者への信頼感を持つ段階である。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・2

★解説

エリクソン(Erikson,E.)は、人が健全に発達していくためには、その世代ごとに生じる課題(発達課題)を達成していく必要があり、その段階を8段階に分類している。

1     誕生から1歳頃までは、乳児期と言われ、「基本的信頼」対「不信」との課題の間で、自分を取り巻く社会が信頼できるものかどうかを感じる段階であるとしている。

2     記述のとおり。3歳から6歳頃までは、幼児前期(早期幼児期)と言われ、「自立性」対「恥、疑惑」との課題が生じ、自分自身の身体をコントロールすることを学習する段階であるとしている。

3     12歳頃から20歳頃までは、青年期と言われ、「同一性(アイデンティティ)」対「同一性(アイデンティティ)拡散、混乱」との間で、自分自身を統合し、自己同一性を確立する段階であるとしている。

4     20歳頃から30歳頃までは、青年前期(前期青年期)と言われ、「親密性」対「孤独」の課題のなかで、結婚や家族形成などを通じて、親密な人間関係を築く段階であるとしている。

5                          30歳から60歳頃までは、成人期(成人中期)と言われ、「生殖」対「自己吸収」の課題のなかで、子育てや仕事などを通じて、社会に価値のあるものを生み出す段階とされる。

コメントを残す