介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【68】

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説【68】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『介護過程』

問題68         Fさんの状況を受けて、関係職員が集まり、カンファレンス(conference)を開催することになった。

このカンファレンス(conference)に参加したG介護福祉職の発言に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     Fさんの日頃の移動の様子について、具体的に説明した。

2     Fさんが感情的になるので、気持ちは聞かないようにしていると説明した。

3     介護保険を使って通所リハビリテーションを併用することを提案した。

4     スーパーに向かうときの様子は多くの情報があるので、Fさんにはそれ以上尋ねる必要がないと説明した。

5     母親の支援について、話し合うことを提案した。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・1

★解説

1     カンファレンスは、関係職員との間で情報を共有することも目的のひとつであるため、Fさんの現在の状況を具体的に説明することは大切である。

2     設問1にあるように、Fさんの現在の状況を共有するために、感情的になるというのが具体的にどのようなことなのかを説明する必要がある。

3     設問のような内容は、カンファレンスではなく、サービス担当者会議で提案することがふさわしい。

4     「足元が少し不安なところがありますが、大丈夫です。いつもありがとうございます」と言い、目に涙を浮かべているので、Fさんには何らかの複雑な思いがあることが推察される。そうした思いを確認することが大切であり、尋ねる必要がないというのは適切ではない。

5                          カンファレンスは、Fさんのケアについて検討していくので、まずは、Fさんが認知症の母親の支援について困っていたり、悩んでいるのかどうかの情報があれば共有していくことは大切であるが、母親の支援について話し合うのであれば、別の場で話し合わなければならない。

コメントを残す