介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【66】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【66】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『介護過程』

問題66         客観的情報の記録として、適切なものを1つ選びなさい。

1     タンスの中に食べこぼしのついた上着が入っていた。

2     妻とけんかしたことを後悔しているのではないか。

3     ご飯が喉を通らないのは、愛犬がいなくなったからだと思う。

4     いつも冷静なのに突然怒ったのでびっくりした。

5     一人でいる時間が長いので、こまめに声かけをすることにした。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・1

★解説

客観的情報とは、ありのままの事実や、測定したりすることで得られた情報である。一方で、主観的情報は、観察者一人ひとりのものの見方や考え方にもとづいた情報である。

1     ありのままの事実であり、客観的な情報である。

2     「後悔しているのではないか」と考えているのは、情報の受け手の側の主観である。

3     設問2同様、「愛犬がいなくなったからだと思う」というのも、情報の受け手の側の主観である。

4     設問2同様、「びっくりした」というのも、情報の受け手の側の主観である。

5     「一人でいる時間が長い」というところまでが情報である。「こまめに声かけをすることにした」というのは、得られた情報から考えた対応方法であり、情報ではない。

コメントを残す