介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【65】

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説【65】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『介護過程』

問題65         Eさんは、アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)で認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に入居している。今までできていた食後の歯磨きができなくなってきている。口臭が強くなってきたので、他の利用者が会話を避けている。孫からも「おばあちゃんのお口臭い」と言われ、寂しそうな表情をしているのを介護福祉職が見ている。

優先的に解決すべきEさんの生活課題として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     他者と積極的に会話ができるようになること

2     寂しさを取り除くために介護福祉職が励ますこと

3     気を遣わずに孫と話ができるようになること

4     口の中を清潔に保てるようになること

5     一人で歯磨きができるようになること

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・4

★解説

生活課題とは、利用者が望む生活を実現したり、継続したりするために、解決しなければならない困りごとのことである。

1     口臭が強いために、他の利用者が会話を避けているため、まずは、口臭への対応を考えなければ、他者と積極的に会話することは実現できない。

2     孫から言われた言葉に傷ついている状況への対応は必要であるが、生活課題ではない。

3     気を遣わずに会話をしなければならないのは、こうした状況が継続すると起きてくるものと考えられるので、その前に、対応を考えなければならない。

4     今までできていた食後の歯磨きができないのであれば、他の方法なども考え、口の中の清潔を保つことができれば、口臭も改善されるものと思われる。優先的に解決すべき生活課題である。

コメントを残す