介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【62】

第28回介護福祉士第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【62】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『介護過程』

問題62         介護福祉職の情報収集に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     情報は、多角的・継続的に収集する。

2     収集した情報は、取捨選択せずに記録する。

3     主観的情報は、計測器を用いて収集する。

4     利用者が発した言葉は、介護福祉職の主観を加えて記録する。

5     プライバシーに関する情報は、集団面接で収集する。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・1

★解説

1     記述のとおり。情報収集はその後の介護をどのように提供していくかにつながるため、多角的・継続的に収集することが大切である。

2     収集した情報のなかには、既に分かっていることなども多い。変化がみられた場合や、新たな情報などに絞ることをしないと、把握が困難な膨大な量になってしまう可能性もある。

3     計測ができるような情報や数値化できるような情報は、客観的情報とされる。主観的情報は、介護福祉職が感じた情報である。

4     利用者が発した言葉は、それを聞く人によってとらえ方が様々になることがあるため、主観を加えず、ありのまま記録するべきである。

5     集団面接では、利用者のプライバシーが守られないため、聞き出すことができない。

 

コメントを残す