介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【60】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【60】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『生活支援技術』

問題60         施設入所者の終末期から死後における家族への支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     付き添いやすい環境を整える。

2     在宅と比べて、家族への支援の必要性は乏しい。

3     状態が悪化したときだけ家族に報告する。

4     家族が希望しても、死後の処置は職員で行う。

5     故人の思い出話は控える。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・1

★解説

1     施設入所者の終末期を、家族が受け入れることができるように支援していくことも大切な介護である。こうした環境を整えることは、入所者本人にとっても家族にとっても重要なことである。

2     在宅であろうが、施設であろうが、終末期に抱える家族の思いに変わりはない。また、家族によっては、「施設に入所させた」という負い目をもっている場合もあり、そのような場合は、家族への支援の必要性は、むしろ高くなる。

3     施設入所者が現在どのような状態であり、どのような見込みであるのか、日々伝えることが大切である。

4     死後の処置に家族も加わることで、家族が死を受け入れる一助になる。

5                          故人の思い出を語り、それを振り返ることで、家族が入所者の死を受け入れることができるようになってくる。

コメントを残す