介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【59】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【59】

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『生活支援技術』

問題59       終末期で食欲が低下してきた利用者の食事介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     食事の回数を増やす。

2     1回の食事量を増やす。

3     高カロリーの食事を用意する。

4     嗜好(しこう)を重視する。

5     経管栄養を勧める。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・4

★解説

1     食事の回数を増やすことは、終末期で体力的にも低下してきており、食欲が低下している状態の利用者にとっては大きな負担となりかねない。

2     設問1同様、食欲が低下しているため、多くの量をとることは難しいと推測される。

3     終末期の食事では、栄養やカロリーよりも、特に本人の食についての価値観を優先する。

4     食べたいときに、食べたいものを、食べたいだけとってもらうことが大切である。

5     経管栄養は、基本的には口からの摂取が難しいケースの場合に用いられる。食欲が低下している状況をアセスメントすることが優先される。

コメントを残す