介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【56】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【56】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『生活支援技術』

問題56         悪質商法や詐欺の種類と介護福祉職が行う助言の組合せとして、適切なものを1つ選びなさい。

1     催眠商法 ――― 友人と一緒なら販売会場まで出かけても構わないと助言する。

2     送りつけ商法―― 注文した覚えのない商品は断り、受け取らないように助言する。

3     利殖商法 ――― 「元本保証」と「金融庁への届出」の記載があれば信頼できると助言する。

4     振り込め詐欺―― 公的機関や家族を名乗る電話には、一人で対処するように助言する。

5     点検商法 ――― 業者を家の中に入れて、ていねいに断るように助言する。
解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・2

★解説

1     催眠商法とは、集団催眠に似せた雰囲気をつくり出して、高額な商品を売りつける商法である。集団となるため、友人と一緒に販売会場に行くと、集団をつくり出してしまうため、行かないように助言するべきである。

2   送りつけ商法とは、ネガティブ・オプションともいう。設問のとおり、注文しても以内商品が一方的に送りつけられてきて、代金を請求されるという商法である。受け取らないようにすること、また、受け取ってしまっても無視するように助言する。

3     利殖商法とは、「必ずもうかる」など、利益が出ることを強調し、出資を勧誘する商法である。「元本保証」、「金融庁への届出」等の記載があっても、仕組みが理解できない金融商品は契約しないように助言する。

4     振り込め詐欺とは、電話やメールなどの通信手段により、相手に会うことなくだまし、現金を振り込ませる商法。最近は「受け子」と呼ばれる代理人により、直接、現金の受け渡しをする方法も出てきている。相手が誰だか分からない電話などがかかってきた場合は、一人で対処しないようにし、すぐに連絡が取れるように、家族の連絡先を聞いておくように助言する。

5     点検商法とは、点検と称して来訪し、「故障の兆候があるので、工事をしないと危険」などと言って商品やサービスを契約させる商法である。事前に相談することや、契約をしてしまったら、クーリング・オフがきくので早急に対応する。

コメントを残す