介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【53】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【53】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『生活支援技術』

問題53         入浴時のヒートショックに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     高血圧の人は、ヒートショックを起こしにくい。

2     ヒートショックは、夏に起こりやすい。

3     ヒートショック予防として、浴室・脱衣室と居室との温度差を小さくする。

4     ヒートショック予防として、湯の温度は高めにする。

5     ヒートショックは、入浴前に起こりやすい。
解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・3

★解説

ヒートショックとは、急激な温度変化により、血圧が乱高下することである。これにより、失神、不整脈、脳卒中、心筋梗塞などを引き起こす危険性がある。

1     高血圧や動脈硬化のある人の方が、ヒートショックのリスクは高い。

2     ヒートショックは冬の入浴で、最も危険性が高い。

3     温度差を小さくすることは、ヒートショック予防に効果的である。

4     ヒートショックは、急激な温度変化により引き起こされるため、湯の温度は40℃以下が好ましい。

5     入浴前よりも、温度変化が発生する入浴中が最も起こりやすい。

 

コメントを残す