介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【49】

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説【49】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『生活支援技術』

問題49         骨粗鬆症(こつそそうしょう)(osteoporosis)予防に必要なビタミンK(vitamin K)を多く含む食品として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     牛乳

2     卵

3     豚肉

4     にしん

5     納豆

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・5

★解説

骨粗鬆症予防にはビタミンDとビタミンKがあげられる。ビタミンDは、骨を形成するために必要なカルシウムの吸収を促進する役割がある。また、ビタミンKには、骨の形成を促進する役割がある。

納豆に多く含まれるほか、小松菜、ほうれん草、春菊、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、ひじきなどの海藻類に多く含まれる。

 

コメントを残す