介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【47】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【47】
繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『生活支援技術』

問題47         パーキンソン病(Parkinson disease)の姿勢反射障害のある人の歩行介護として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     曲がり角では、勢いをつけて曲がってもらう。

2     曲がり角では、直角に曲がってもらう。

3     一度足を引いてから歩きだしてもらう。

4     支援者のペースに合わせて歩きだしてもらう。

5     階段よりスロープを歩いてもらう。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・3

★解説

パーキンソン病(Parkinson disease)の姿勢反射障害では、立位時の前傾姿勢、すり足歩行、小刻み歩行などの症状が現れる。

1     曲がり角を曲がるときに、勢いをつけると転倒してしまう恐れがある。

2     直角に曲がると、遠心力が強くなりバランスを崩しやすく、転倒しやすくなるため、なるべく緩やかに曲がるようにする。

3     最初の一歩が踏み出しにくいため、足を引いたりすると歩きだしやすい。

4     設問3のような症状があるため、利用者のペースに合わせることが必要である。

5     小刻み歩行があるため、階段や段差は避けた方がよい。

 

コメントを残す