介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【45】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【45】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『生活支援技術』

問題45         介護を必要とする高齢者の衣服と、その支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     片麻痺(かたまひ)の高齢者には、支援者が着脱させやすい前あきの上着の購入を勧める。

2     左片麻痺(ひだりかたまひ)がある場合は、左半身から脱ぐように勧める。

3     生活のリズムを保つために、昼と夜とで衣服を替えるように勧める。

4     衣服は気候に合わせて支援者が選ぶ。

5     季節に関係なく、保温性よりも通気性を重視した衣類を勧める。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・3

★解説

1     衣服は高齢者の自己表現の一つでもある。支援者が着脱させやすいからという理由ではなく、利用者本位の考え方を優先させるべきである。

2   「脱健着患」の方が利用者の負担が少なく、スムーズに着脱ができる。左片麻痺の場合は、健側である右半身から脱ぐ。

3     生活のリズムを整えるということ、また、清潔を保持する上でも好ましい。

4     衣服の選択は利用者の自己決定を促すということからも、支援者ではなく、利用者自身に選んでもらうことの方が望ましい。

5     衣類は季節や気温に応じて変えるべきである。

 

コメントを残す