介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【40】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【40】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『コミュニケーション技術』

問題40         介護記録に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     介護福祉職の意見を中心に記録する。

2     調査・研究目的で記録を利用することは避ける。

3     記録は非言語的コミュニケーションのツールとして活用する。

4     利用者と家族は記録を閲覧することができる。

5     介護保険法では記録の様式を統一している。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・4

★解説

1     記録では、介護福祉職以外の意見も記録することで、多職種連携のためのツールにもなる。

2   利用者の個人情報に留意した上で、調査や研究のために使用することもあり、介護の向上に寄与することにもつながる。

3     非言語的コミュニケーションとは、動作(ジェスチャー)、顔色、アイコンタクトなどの言語によらないコミュニケーションのことをいう。言語コミュニケーションは、言葉を使ったコミュニケーションのことであり、必ずしも音声を伴っていない、記録や手話なども含まれる。

4     記述のとおり。本人の求めに応じて開示しなければならない。

5                          認定調査やケアプランの様式は統一されているが、利用者の日々の記録や個別支援計画などの介護記録の様式は統一されていない。

コメントを残す