介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【38】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【38】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『コミュニケーション技術』

問題38         Mさん(72歳、女性)は、介護老人保健施設に入所している。糖尿病性網膜症(diabetic retinopathy)で、3か月前に右目を失明した左目はかすかに見える状態である。聴覚機能、言語機能、認知機能に問題はない。

Mさんへの介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     Mさんの右側から話しかける。

2     Mさんの体に触れてから挨拶をする。

3     物音を立てないように関わる。

4     「あそこ」「これ」と代名詞で説明する。

5     視覚情報は整理して口頭で伝える。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・5

★解説

諸説あるが、人間は情報の約8割を視覚から得ている。見えないということは、それだけ得られる情報が少ないということである。そのことを前提に、利用者の立場に立って理解しておく必要がある。

1     左目がかすかに見える状態であるので、右側よりも左側からアプローチした方が、Mさんに「誰かが来た」ということを気づいてもらえる可能性が高い。

2     Mさんにとっては、突然体を触れられることになるため、驚いてしまうことになる。体に触れる必要があるならば、挨拶をしてから関わるべきである。

3     近づいてくる足音など、物音があることで、誰かが来たことが理解できる。

4     視覚に障害があるため、指示代名詞はMさんにとっては理解が困難である。

5     情報を5W1Hのように整理して、わかりやすく伝えることが大切である。

 

コメントを残す