介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【37】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【37】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『コミュニケーション技術』

問題37         Lさん(70歳、男性)は、脳梗塞(cerebral infarction)の後遺症で聴覚的理解と視覚的理解の障害があるが、発語はできる。日常会話で使用する単語は理解できるが、うまくコミュニケーションをとれないことが多い。介護福祉職が「あしたは晴れですね。あしたの午後散歩に行きましょう」と伝えると、Lさんは話の内容が分からない様子である。

Lさんが理解できるような関わり方として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     もう一度、低い声で同じ言葉を伝える。

2     もう一度、大きな声で同じ言葉を伝える。

3     「あした、散歩」と短い言葉で伝える。

4     「あした、さんぽ」とひらがなで書いて伝える。

5     言葉を1音ずつに句切って、「あ・し・た・さ・ん・ぽ」と伝える。

解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・3

★解説

1     老化に伴う難聴の場合、高音域から聞き取りにくくなるため、低い声で伝えることで聞き取ることができることがあるが、Lさんへの対応とは異なる。

2     Lさんは脳梗塞後遺症に伴う言語障害のため、大きな声で伝えても、理解が促されることはない。

3     言語の理解について障害がみられる失語(ウェルニッケ失語)であるため、動作(ジェスチャー)などによる意思疎通を図ったりするが、Lさんの場合、視覚的理解にも障害があるため、短い言葉で伝えることが最も理解しやすい関わり方と言える。

4     言葉を1音ずつに句切って伝えるのは、言葉の表出に障害がみられる失語(ブローカ失語)の場合に、利用者の発音がうまくいかない場合に、区切ってもらうようにお願いする対応である。

 

 

コメントを残す