介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【36】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【36】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『コミュニケーション技術』

問題36         Kさん(72歳、女性)は、アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)である。認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で暮らしているが、いつも「夫に迷惑かけて申し訳ない」と言っている。ある日、面会に来た夫に対して、「いつもお世話様です」と挨拶しながら、誰なのか分からないで不安そうな様子であった。

Kさんへの介護福祉職の最初の言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     「誰でしょうか。覚えていますか」

2     「顔は覚えているけど、名前を忘れたのですね」

3     「頑張って思い出してみましょう」

4     「ご主人ですよ。来てもらってよかったですね」

5     「迷惑をかけて申し訳ないと伝えましょう」
解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・4

★解説

アルツハイマー型認知症に伴う、人物の見当識障害がある場合への対応についての問題である。誰だか分からない人がいるので、不安そうな様子であるため、やさしく話すことが前提となる。

1     誰だか分からない様子が見られるので、覚えていないことが推察される。分からない不安を増長してしまう可能性がある。

2     Kさんは不安そうにしているので、名前だけでなく顔も忘れてしまっている可能性が考えられる。

3     認知症の見当識障害は、頑張って思い出せるものではない。

4     不安を解消するために、やさしく説明することが重要である。

5     最初の言葉かけとして、適切とは言えない。

 

コメントを残す