介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【35】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【35】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『コミュニケーション技術』

問題35         Jさん(82歳、女性)は、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で暮らしている。Jさんは朝食を済ませていたが、また朝食の準備を始めた。他の利用者が「さっき食べたでしょう」と言うと、Jさんは「まだです。今起きたばかりです」と答えた。

このときのJさんに対する介護福祉職の言葉かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     「おなかがすきましたか」

2     「さっき、食べたばかりですよ」

3     「後片づけまで終わりましたよ」

4     「もう1回食べるのですか」

5     「食事より掃除をしませんか」

解答と解説は会員の方はご覧になれます。

無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・1

★解説

認知症のある人への対応についての問題である。認知症では、体験したことのすべてを忘れてしまう。また、そもそも「体験していない」と認識しているため、否定したり、説得したりすることは利用者を不安にさせてしまうことがある。利用者の捉えている認識に沿った対応が求められる。

1     Jさんの捉えている認識に沿った対応である。

2     Jさんの捉えている認識に沿っていない。Jさんにとっては、「さっき、食べた」わけではない。

3     Jさんの認識では、今起きたばかりで、食べていないということなので、後片づけまで終わっているからといって、食べたのだと認識できるものではない。

4     Jさんは食べていないと認識しているので、もう1回食べるわけではない。Jさんは、理解しがたいことを言われているように感じるであろう。

5     今起きたばかりで、朝食の準備を始めている人に対して、掃除を勧めることが適切とは言えない。

 

コメントを残す