介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【34】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【34】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『コミュニケーション技術』

問題34         Gさん(70歳、男性)は、双極性感情障害(bipolar affective disorder)があり、入退院を何度もくり返してきた。最近、様々な考えがつながりもなく浮かんで多弁になる躁状態(そうじょうたい)になり、訪問介護(ホームヘルプサービス)に来たH介護福祉職にも次々話しかけてきた。

このときのH介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     「一度にいろいろ話すのはやめてください」

2     「また入院することになりますね」

3     「いつもより気分が高ぶっていますよ」

4     「私にはよく分かりませんが…」

5     「もっとお話を聞かせてください」
解答と解説は会員の方はご覧になれます。
無料会員登録をお願い致します。

★解答・・・・・・3

★解説

双極性感情障害は、躁状態とうつ状態をくり返すものである。躁状態では、一貫性の少ない考えが次々わいて気分が高まったり、多弁になったりする。また、誇大妄想や不眠不休で活動したりするなどの症状を呈する。

さまざまな訴えに対して、あまり過度に話を聞き過ぎると、上記のような症状が過剰になる場合もある。また、自分の考えが否定されると、攻撃的になることもある。

設問は、躁状態にあるGさんへの対応について問うているが、最も適切と考えられるのは、消去法では3ということになる。

1     一度にいろいろな考えがわいてきてしまうのが、躁状態の症状であり、Gさん自身でもどうにもできないものであり、「やめてほしい」ということは、適切な対応ではない。

2     設問1と同様、「入院することになる」と話しても、Gさんとしてもどうにもできない。

3     過剰な高揚感を自覚してもらい、どうしていくかをGさんとともに考えていくことが必要である。

4     話をするというのは、誰かに聞いてもらいたいという思いが背景にある場合もあるので、「よく分からない」ではなく、聞こうとしている姿勢を見せるべきである。

5     さまざまな考えが次々浮かんでしまう躁状態では、話をするように促すことは、状態をより深刻化させてしまう恐れがあるため、適切ではない。

コメントを残す