介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【23】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【23】

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『介護の基本』

問題23         障害者の年金、手当、扶助に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1     障害基礎年金の等級は、1級と2級である。

2     障害基礎年金と老齢厚生年金は、併給できない。

3     障害基礎年金は、金額が生活保護の収入認定の対象外となる。

4     特別障害者手当は、市町村の条例によって実施される。

5     2013年(平成25年)の生活保護基準の見直しに伴って、障害者加算が廃止された。

★解答・・・・・・1

★解説

1     記述のとおり。障害基礎年金の等級は、1級と2級である。障害厚生年金の場合は、1級~3級となるので、注意が必要である。

2     基本的に公的年金では、1人1年金が原則であり、併給は認められていない。ただし、障害基礎年金と老齢厚生年金は、併給が可能である。

3     障害基礎年金は、収入として算定され、差額分が生活保護費として支給される。

4     特別障害者手当とは、精神又は身体に著しく重度の障害を有し、日常生活において常時特別の介護を必要とする特別障害者に対して、重度の障害のため必要となる精神的、物質的な特別の負担の軽減の一助として手当を支給することにより、特別障害者の福祉の向上を図ることを目的としている。その金額は厚生労働大臣が決める。2013年(平成25年)度からは26,620円/月となっている。

5     障害者加算の廃止はされていない。生活保護費の加算では、2006年(平成18年)に老齢加算が廃止され、2009年(平成21年)には母子加算が廃止されている。

 

コメントを残す