介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【120】最終問題

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【120】最終問題

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『総合問題』

次の事例を読んで、問題118から問題120までについて答えなさい。

〔事 例〕

Aさん(70歳、女性)は、20年前に2型糖尿病(diabetes mellitus,type2)を発症して、8年前から血糖値の自己測定とインスリン(insulin)の自己注射を朝食前に行っている。4年前から変形性(へんけいせい)膝(しつ)関節症(かんせつしょう)(knee osteoarthritis)が悪化して車いすの生活となり、自宅での生活が少しずつ困難になった。要介護3と認定されて、2年前に介護老人福祉施設に入所した。入所後も、血糖値の自己測定とインスリン(insulin)の自己注射は介護福祉職の見守りのもとに行っていて、空腹時血糖値は120~150mg/dlでコントロールされていた。

ある日の夜中に数回にわたって下痢便が見られ、起床時には嘔吐(おうと)し、腹痛と発熱が見られた。

問題120       Aさんの症状は、治療を受けて1週間ほどで回復した。しかし、その後、ぼんやりとした表情で過ごすことが多くなり、何事にもやる気がない様子で、「つらいから死にたい」と口にすることが多くなった。

Aさんの訴えに対する介護福祉職の応答として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     「つらいことは考えない方がいいですね」

2     「死にたいぐらい、つらいのですね」

3     「死にたいと言うと、つらい気持ちが強くなりますね」

4     「死にたいと言うと、周りの人もつらくなりますね」

5     「つらいことよりも楽しいことを考えるといいですね」

 

★解答・・・・・・2

★解説

まずはAさんのつらいという気持ちを受容することが必要である。その際に、Aさんが自分のつらさを介護福祉職が理解してくれたと感じることができるように、感情の反射などの技法を用いるとよい。

 

コメントを残す