介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【117】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【117】

次の事例を読んで、問題115から問題117までについて答えなさい。

〔事 例〕

Mさん(71歳、女性)は、仕事を持つ息子と二人で生活している。最近、鍋を焦がすことがあったり、買物をして家に帰れなくなったりすることがあった。心配した息子が受診させたところ、アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)と診断された。要介護認定で要介護1となり、訪問介護(ホームヘルパー)を利用することになった。

Mさんは、訪問介護員(ホームヘルパー)と息子以外の人との接触はなく、テレビの前で過ごしていることが多い。心配した息子は、通所介護(デイサービス)を勧めたが、一人で通うことが不安で、利用を拒んでいた。このままだと認知症(dementia)が悪化するのではないかと息子の不安が大きくなっていた。

問題117       息子は、Mさんへの適切な支援方法について訪問介護員(ホームヘルパー)に相談した。

息子に対する訪問介護員(ホームヘルパー)の助言として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     Mさんを認知症対応型共同生活介護(グループホーム)へ入居させるように勧める。

2     Mさんに買物をさせないようにする。

3     Mさんと一緒にテレビを見るように勧める。

4     Mさんが失敗したらそのたびに指摘する。

5     Mさんのできることを見つけて、一緒に行うように勧める。

 

★解答・・・・・・5

★解説

認知症であっても、Mさんが自分でできることはあるため、一緒に行うように勧めることが最も適切な支援である。

コメントを残す