介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【104】

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説【104】

試験直前なので、どしどし解答と解説を載せていきます!

是非参考にしてください。

『こころとからだのしくみ』

問題104       38~41℃の湯温での入浴が身体に与える影響として、適切なものを1つ選びなさい。

1     血圧の上昇

2     心拍数の増加

3     膀胱(ぼうこう)の弛緩(しかん)

4     消化機能の亢進(こうしん)

5     筋緊張の亢進(こうしん)

 

★解答・・・・・・4

★解説

40℃前後の体温に近い湯温での入浴は、副交感神経を刺激する。一方、42℃以上の高い湯温での交感神経が刺激される。副交感神経が刺激されると、身体はリラックスした状態になるので、消化機能が亢進する。

 

コメントを残す