介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説⑲

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説⑲

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『介護の基本』

問題19         Fさん(82歳、男性)は、脳梗塞(cerebral infarction)の後遺症による右片麻痺(みぎかたまひ)と運動性失語の状態で、介護老人福祉施設へ入所した。自分の意思は、顔の表情やうなずきなどの動作や左手を使って伝えることができる。2時間ほどは車いすで座位を保つことができる。

食事の際は、自分でご飯やおかずをスプーンに乗せたり汁物を口に運ぶことはこんなんであるが、スプーンに乗った食べ物を左手で口まで運んで食べることはできる。

食事場面における介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     食事を居室のベッド上でとるように促す。

2     メニューの説明は不要である。

3     左手で食べたいものを示すように促す。

4     ご飯とおかずを混ぜてスプーンに乗せて口に運ぶ。

5     好みの食べ物は最後に食べるように促す。

★解答・・・・・・3

★解説

自立支援の視点に基づいた介護について理解できているかを問う問題である。自立支援とは、単に身体的自立だけをいうのではなく、利用者の主体性などを尊重しながら、生きる意欲を引き出していくことが求められる。利用者の意向を引き出し、その意思を尊重できる介護のあり方として最も適切なものは、設問3である。

 

コメントを残す