介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説⑱

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説⑱

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『介護の基本』

問題18         社会福祉士及び介護福祉士法に基づいて、介護福祉士に課せられている誠実義務に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1     常に担当する利用者の立場に立って業務を行う。

2     国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図る。

3     利用者を心身共に健やかに育成する責任を負う。

4     利用者の心身の健康保持のために必要な措置を講ずる。

5     利用者が安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与する。

★解答・・・・・・1

★解説

社会福祉士及び介護福祉士法第44条の2『社会福祉士及び介護福祉士は、その担当する者が個人の尊厳を保持し、自立した日常生活を営むことができるよう、常にその者の立場に立つて、誠実にその業務を行わなければならない。』とあるため、設問1が適切である。

コメントを残す