介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説⑰

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説⑰

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『介護の基本』

問題17         2013年(平成25年)の「国民生活基礎調査」(厚生労働省)に関する次の記述のうち、2004年(平成16年)と2013年(平成25年)の65歳以上の者のいる世帯について、正しいものを1つ選びなさい。

1     65歳以上の者のいる世帯は、どちらも全世帯の6割を超えている。

2     「親と未婚の子のみの世帯」は、2013年(平成25年)は2004年(平成16年)に比べて減少している。

3     「夫婦のみの世帯」は、2013年(平成25年)は2004年(平成16年)に比べて減少している。

4     「単独世帯」は、2013年(平成25年)は2004年(平成16年)に比べて増加している。

5     「三世代世帯」は、どちらも65歳以上の者のいる世帯の3割を超えている。

★解答・・・・・・4

★解説

1     65歳以上の者のいる世帯は、2004年(平成16年)では38.6%、2013年(平成25年)では44.7%となっており、いずれも6割を超えてない。

2     「親と未婚の子のみの世帯」は、2004年(平成16年)では、277万4千世帯となっており、2013年(平成25年)では、362万1千世帯となっているため、増加している。

3     「夫婦のみの世帯」は、2004年(平成16年)では、1016万1千世帯となっており、2013年(平成25年)では、1164万4千世帯となっているため、増加している。

4     「単独世帯」は、2004年(平成16年)では、1081万7千世帯となっており、2013年(平成25年)では、1328万5千世帯となっているため、増加しているので記述のとおりである。

5     65歳以上の者のいる世帯の世帯構造のうち、「三世代世帯」の割合は、2004年(平成16年)では21.9%、2013年(平成25年)では13.2%となっており、3割を超えてはいない。

 

コメントを残す