介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説⑯

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説⑯

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『社会の理解』

問題16         生活保護制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1   生活保護で保障される最低限度の生活は、健康で文化的な生活水準を維持することができるものでなくてはならない。

2     生活保護は、利用しているサービス事業所の担当者が本人に代わって申請することができる。

3     生活保護は、世帯を分離して実施することはできない。

4     自分の家や車を所有している人は、全て生活保護の対象とならない。

5     年金や稼働収入がある高齢者は、全て生活保護の対象とならない。

★解答・・・・・・1

★解説

1     生活保護法第3条『この法律により保障される最低限度の生活は、健康で文化的な生活水準を維持することができるものでなければならない。』とあり、記述のとおりである。

2     生活保護法第7条『保護は、要保護者、その扶養義務者又はその他の同居の親族の申請に基いて開始するものとする。但し、要保護者が急迫した状況にあるときは、保護の申請がなくても、必要な保護を行うことができる。』ため、サービス事業所の担当者は、本人に代わって申請することはできない。

3     生活保護法第10条『保護は、世帯を単位としてその要否及び程度を定めるものとする。但し、これによりがたいときは、個人を単位として定めることができる。』とあるので、世帯を分離し、個人を単位として定めることも可能となっている。

4     最低限度の生活を保障するために、必要だと判断されれば所有が認められる場合もある。

5     年金や稼働所得による収入が、最低限度の生活に必要な額よりも下回る場合、その差額分について生活保護費として支給されるので、生活保護の対象となる。

 

コメントを残す