介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説⑭

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説⑭

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『社会の理解』

問題14         知的障害のあるDさん(40歳、男性))は、就労移行支援事業所を利用して、現在、U株式会社に勤務している。あるとき、就労移行支援事業所に勤務するE介護福祉職は、Dさんから、職場で上司から虐待(ぎゃくたい)を受けているという相談を受けた。

E介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     我慢して職場を辞めないように助言した。

2     警察に通報した。

3     地域包括支援センターに報告した。

4     Dさんの勤務先がある市町村に通報した。

5     U株式会社に出向いて、虐待(ぎゃくたい)を辞めるように申し入れた。

★解答・・・・・・4

★解説

障害者虐待防止法について理解できているかを問う問題である。障害者虐待防止法では、虐待を受けたと思われる障害者を発見した者は通報義務がある。また、使用者による虐待を受けたと思われる者を発見した場合にも通報義務がある。通報先は市町村となっている。

 

コメントを残す