介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説⑬

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説⑬

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『社会の理解』

問題13         指定障害福祉サービス事業者に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1     指定障害福祉サービス事業者の指定は、厚生労働大臣が行う。

2     指定障害福祉サービス事業所に配置する人員の基準は、事業者の事情に応じて各事業者が決めることができる。

3     指定障害福祉サービス事業者は、サービスの質の評価を行い、サービスの質の向上に努めなければならない。

4     指定障害福祉サービス事業者の指定に有効期間は設定されていない。

5     指定障害福祉サービス事業者は、事業所を運営している市町村内での広告が義務づけられている。

★解答・・・・・・3

★解説

1     障害者総合支援法に基づいてサービスを提供する事業者は、提供するサービスごとに市町村あるいは都道府県知事による指定を受ける必要がある。

2     「指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準」として、厚生労働省令が出されており、各事業者が決めることはできない。

3     障害者総合支援法第42条第2項『指定事業者等は、その提供する障害福祉サービスの質の評価を行うことその他の措置を講ずることにより、障害福祉サービスの質の向上に努めなければならない。』とされている。

4     障害者総合支援法第41条『(前略)の指定障害福祉サービス事業者及び指定障害者支援施設の指定は、6年ごとにそれらの更新を受けなければ、その期間の経過によって、それらの効力を失う。』とあり、有効期間が設定されている。

5     設問のような規定はない。

 

コメントを残す