介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説⑫

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説⑫

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『社会の理解』

問題12         Cさん(50歳、女性)は、身体障害者手帳2級を所持している。最近、日常の家事が十分にできなくなったので、「障害者総合支援法」にもとづく居宅介護を利用したいと考えて、知り合いの介護福祉士に尋ねた。

介護福祉士の対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     身体障害者更生相談所で医学的判定を受けなければならないことを説明する。

2     障害支援区分の認定を受ける必要があることを説明する。

3     すぐに居宅介護事業所とサービスの利用契約書を取り交わすように説明する。

4     医師の意見書を持って相談支援事業所に行くように説明する。

5     Cさんのサービス利用の希望を介護支援専門員(ケアマネジャー)に伝えておくと説明する。

 

注) 「障害者総合支援法」とは「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。

★解答・・・・・・2

★解説

1     障害者総合支援法に基づく居宅介護を利用するためには、障害支援区分の認定を受ける必要がある。障害支援区分の認定は、調査員によるアセスメント訪問調査を経て、コンピューターによる一次判定と、市町村審査会による二次判定を経て決定される。身体障害者更生相談所で医学的判定を受ける必要があるのは、身体障害者手帳交付のための申請である。

2     設問1のとおり。

3     支給決定の決定内容に沿って契約を取り交わすため、すぐに取り交わすものではない。

4     申請は市町村に行う。相談支援事業所が代わって行うこともできるが、医師の意見書は一次判定に必要となるので、申請時に持参する必要はない。

5     障害者総合支援法では、利用者の希望に沿って、サービス等利用計画を作成する。計画は相談支援事業者あるいは本人が作成する。介護支援専門員(ケアマネジャー)は、介護保険制度における介護サービス計画(ケアプラン)の作成を行う。

 

コメントを残す