介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説⑪

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説⑪

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『社会の理解』
問題11 障害者基本法に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1 障害者は、自助努力によって社会的障壁を解消しなければならない。
2 政府は、「障害者基本計画」を策定しなければならない。
3 都道府県は、障害者政策委員会を設置しなければならない。
4 「障害者差別解消法」の制定に伴って、差別の禁止に関する条文は削除された。
5 基本的施策に防災及び防犯に関する記述はない。

注) 1 「障害者基本計画」とは、「障害者のための施策に関する基本的な計画」のことである。
2 「障害者差別解消法」とは、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」のことである。

★解答・・・・・・2
★解説
1 障害者基本法ではこうした規定はない。
2 障害者基本法第11条『政府は、障害者の自立及び社会参加の支援等のための施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、障害者のための施策に関する基本的な計画(以下「障害者基本計画」という。)を策定しなければならない。』とされている。
3 障害者基本法第32条『内閣府に、障害者政策委員会(以下「政策委員会」という。)を置く。』とあり、都道府県ではなく、内閣府が設置する。
4 差別に関する条文は、障害者基本法第4条『何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない。』と規定されている。
5 障害者基本法第26条『国及び地方公共団体は、障害者が地域社会において安全にかつ安心して生活を営むことができるようにするため、障害者の性別、年齢、障害の状態及び生活の実態に応じて、防災及び防犯に関し必要な施策を講じなければならない。』と規定されている。

コメントを残す