介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説⑩

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説⑩

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『社会の理解』

問題10         介護保険サービスの利用契約に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     利用者が認知症(dementia)のため、別居している娘に契約内容を電話で説明して、サービス利用契約について同意を得た。

2     利用者と家族に重要事項説明書を渡して、サービス内容を説明し、同意を得た。

3     利用者と契約書を取り交わした後で、サービスや職員配置等を記載した重要事項説明書を渡して、提供するサービスの内容を説明した。

4     利用者が高齢なので、別居している娘に重要事項説明書と契約書を渡し、返信用封筒も入れて、返信を依頼した。

5     利用者が認知症(dementia)で理解が困難と思われたので、利用者と仲の良い隣人に説明して、契約書を書いてもらった。

★解答・・・・・・2

★解説

1     娘が代理人となれるのかどうかが前提となる。

2     重要事項説明書は、交付して説明する必要がある。また、説明したことを確認するために、署名・捺印してもらう。

3   契約書は重要事項説明書を準用して作成されるので、契約書を取り交わす前に重要事項説明書の説明が必要である。

4     重要事項説明書について、サービス内容等の説明をしなければならない。

5     利用者と仲の良い隣人は代理人となっていないので、本人に代わって契約することはできない。

 

 

コメントを残す