介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説⑥

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説⑥

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『社会の理解』

問題6           日本の人口に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1     「人口推計」によれば、2011年(平成23年)以降、毎年10月1日現在の総人口は減少してきている。

2     現在の人口置換水準は、合計特殊出生率1.80である。

3     合計特殊出生率の低下の主な原因として、若い女性の海外転出がある。

4     2000年(平成12年)に高齢社会になった。

5     2015年(平成27年)に団塊の世代が後期高齢者になった。

 

(注) 「人口推計」とは、「人口推計 – 2015年(平成27年)7月報 – (総務省統計局)」のことである。

★解答・・・・・・1

★解説

わが国の人口に関する問題であるが、「人口置換水準」、「合計特殊出生率」、「高齢社会」、「団塊の世代」、「後期高齢者」などのキーワードについて理解している必要がある。

1     記述のとおり。2010年(平成22年)には、1億2805万7千人であったが、2011年(平成23年)には、1億2779万9千人と減少し、それ以降は連続して減少し続けている。

2     「合計特殊出生率」とは、15~49歳の女子の年齢別出生率を合計したもので、1人の女子が仮にその年次の年齢別出生率と同じ確率で出産するとした場合に、一生の間に生むと想定される子どもの数に相当する。

また、「人口置換水準」とは、将来的に、人口が増えも減りもしない状態を維持するために必要な合計特殊出生率のことである。2012年(平成24年)の人口置換水準は2.07となっている。

3     合計特殊出生率の低下の要因として、女性の社会進出に伴う未婚化・晩婚化などが挙げられる。海外転出は「主な原因」とは考えられない。

4     「高齢社会」とは、総人口に対する65歳以上人口の割合(高齢化率)が、14%を超えた社会のことをいう。わが国の場合、1994年(平成6年)に高齢社会となった。なお、高齢化率7%を超えた社会を「高齢化社会」といい、わが国は1970年(昭和45年)に超えている。

5     「団塊の世代」とは、戦後の第一次ベビーブームである1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)に生まれた世代のことを言う。この世代は2015年(平成27年)時点では66歳から68歳である。また、後期高齢者は75歳以上のことを言う。したがって団塊の世代はまだ後期高齢者に達していない。

 

コメントを残す