介護福祉士筆記試験 解答&解説

第28回介護福祉士筆記試験問題 解答と解説②

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『人間の尊厳と自立』

問題2           Aさん(82歳、女性)は、アルバイト店員の息子(56歳)と二人暮らしである。Aさんは、3年前にアルツハイマー型認知症(Dementia of the Alzheimer’s type)と診断された。現在、要介護2と認定されて訪問介護(ホームヘルプサービス)と通所介護(デイサービス)を支給限度額まで利用している。Aさんは、身の回りのことに常に見守りや介護が必要であり、一人で外出して道がわからなくなり、何度も警察に保護されている。

訪問介護事業所が、アドボカシー(advocacy)の視点からAさんと息子を支援する場合の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     自分の食事も作ってほしいという息子の要望に、対応できないと断る。

2     息子の外出時は、Aさんが部屋から出られないように施錠することを提案する。

3     Aさんと息子に相談の上、社会福祉協議会に見守りボランティアの派遣を働きかける。

4     息子に、市内に認知症家族の会があることを知らせる。

5     町内会に、回覧板でAさんと息子の状況を詳しく知らせるように働きかける。

★解答・・・・・・3

★解説

アドボカシー(advocacy)とは、「代弁する」ことを意味し、自分で訴えることのできない人や、自己主張することが困難な人の権利擁護を目的としている。

1     記述のとおり、訪問介護員の行う家事援助は利用者であるAさんを対象としているため、その家族の食事を作ることはできない。しかし設問では、「アドボカシーの視点」を問うているため、単に断るだけでは、適切とは言えない。

2     施錠することは身体拘束に該当し、こうした提案は不適切である。

3     Aさんと息子に相談しながら、社会資源の活用を図ることは、権利擁護の視点からもふさわしいと言える。

4     息子の支援としては一つの選択肢として考えられるが、Aさんのアドボカシーの視点が弱い。

5     近隣にAさんと息子の状況を知らせることは、場合によっては必要かもしれないが、Aさんと息子に相談する必要がある。

コメントを残す