介護福祉士筆記試験 解答&解説

介護福祉士国家試験 解答&解説 問題①

第28回介護福祉士国家試験・筆記試験問題の解答と解説

繰り返し過去の問題を見直していくことで、出題傾向も見えてきます。

是非参考にしてください。

『人間の尊厳と自立』

問題1          糸賀一雄の「この子らを世の光に」という思想に該当するものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1     経済的に生活できる社会的自立を保障する。

2     人間の発達を保障する。

3     困窮状態に応じて最低限度の生活を保障する。

4     障害者の職業の安定を図ることを保障する。

5     自由を制限する身体拘束の禁止を保障する。

★解答・・・・・・2

★解説

糸賀一雄は、障害福祉の父と呼ばれ、知的障害児の教育を行う「近江学園」や重症心身障害児施設である「びわこ学園」の創設に携わった。

その糸賀の考え方の特徴として、「発達保障」ということが挙げられる。これは、心身の発達に障害を持っていても、人間の豊かな成長が期待できるものであり、差別なく保障すべきであるとする考え方である。

障害者福祉に携わっていた者にとっては、有名な人物であるが、高齢者福祉にしか携わっていない者にとっては、なじみの少ない人物であろう。

コメントを残す