就職・転職情報

ちょっとブレイク★≪介護職の自己PR≫

こんにちは、キャリアカウンセラーの稲葉です。

皆さんは職務経歴書や面接で自己PRの内容に、何を書いていらっしゃいますか?

・・・実際に一緒に職務経歴書を作ったり、面接対策を求職者の方と行う機会が多いのですが、

多くの方は「・・・PRすることはないです。」という回答をいただきます。逆に「私なんて、不器用だし、何の取り柄もなくて・・・あえて言うなら健康だけですかね」と、自分を卑下してしまう方もいらっしゃいます。

ですが、応募書類や面接は「自分を売り込む機会」でもあるわけですから、しっかりと事前の対策が必要です。

「私なんて、不器用だし、何の取り柄もなくて・・・あえて言うなら健康だけですかね」

この一言も、

「胸を張って言えるのは、健康であるということだと思います。この10年は大きな病気もしていませんし、風邪もひかないように心がけてきました。風邪気味の時は、食事をいつもより気をつかい、意識して多く睡眠時間を確保し、早めに対処するようにしています。そのような工夫の積み重ねで、前職では体調不良によるお休みをいただいた事は一度もありません。介護職についてからも、健康に気を配っていきたいと考えております。」

どうですか?

「健康」について言うにしても、これだけで後者の方が「この人を雇ったら、ちゃんと毎日しっかり勤務してくれそうだな」と面接官に思わせることはできますよね。

ただし、面接官に急に質問されて、アピール力の高い文章をペラペラ語ることは大変難しいと思います。それには、事前の準備が必要です。

キャリアカウンセリングは、人生相談・仕事相談の場であると同時に、強み発見の場でもあります。是非皆さんの「あえて言うなら○○」の自己PRを聞かせてくださいね。

コメントを残す